東洋の時代

生命を持つ歴史のバイオリズムに則り、これからの世界は西洋の価値観を中心とした世界から、東洋の価値観を中心とした世界へと移行していきます。
これは四季のリズムと同じ自然法則であり、この流れを変えることはできません。

植物に例えるならば、西洋は実りの季節を終え、色づいた葉を落とし、土の中でしっかりと根を張り、新芽を育てる期間に入るということです。
それに対して東洋は、葉や茎を大きく成長させ、実りを得ることができる季節へと入ります。

やじろべえ

世界文明は、東洋と西洋、二つの極の間を揺れ動くやじろべえのようなもので、その周期は地球の自転、公転周期と同じく極めて正確です。

植物と動物、女性と男性、どちらも互いに補い支え合う共生関係であり、その性質が真反対であるのと同様に、東洋と西洋も、その性質、価値観は対極をなしています。


東洋と西洋

~ Don’t think. Feel !! ~
考えるんじゃない、感じるんだ!!

ブルース・リー