広島帰着

日本とインド

本日午前中、無事地元広島に戻って参りました。

広島の景色を目にするのは四ヶ月ぶり、広島県はここ一ヶ月半の間に新規感染者が三名しか出ていないにも関わらず、道行く人ほぼ全員がマスクをしていることに驚きました。

近くのスーバーのレジシステムも変わっていて、セルフレジが多くなり、レジ待ちの列の並び方が指定され、カードや現金の受け渡しが直接ではなくトレイを介するようになりました。

こんなこと、これを読んでおられるほとんどの方にとって常識かもしれませんね。

 

日本はこれぐらい予防を徹底するから感染者数が押さえられているのでしょう。
最新のニュースでは、24日今日、インドは過去最多の16000人の新規感染者が報告されたそうです。

インドの感染ピークは11月中旬頃という予測があり、それまで今のペースで感染が広がっていったら一体どんなことになるのでしょう。
とにかく心配で、親切にしてくれたインド人たち一人一人の顔が浮びます。

 

ここ数日間ほとんど寝ていません、
けれど身体の芯から疲れているといった感じではなく、一晩ゆっくりすれば回復しそうな感じで、それが逆に怖いような気がします。

二日前に成田空港検疫所で行ったPCR検査の結果はお陰様で陰性でした。
飛行機の中や24時間動き回っていたデリー空港での感染の危険性を心配していましたが、ホッと一安心といったところです。

 

今はたまっていた郵便物の整理や各所への挨拶メールや手紙に追われていて、これが一段落すればいろんな思いが湧き上がってくるものと思います。

インドで掴んだと感じたものが日本での実践で通用するのか、それは大いなる楽しみであり、インドと日本、場所を変えてより深まっていくものだと感じます。

ですからそのためにも、インドで学んだことを頭の中で整理する必要があります。
明日はこのホームページを見ていない広島の知り合い向けに、インドで感じ取ったことをレポートとしてまとめる予定です。

今はまだ頭の中が混乱していて何も考えられません。
取りあえず今夜一晩は休息です。

いろいろご心配いただき、本当にありがとうございました。

それにしてもインドのことが心配です。

日本とインド



2 件のコメント

  • 無事に広島にお帰りとの事、安心しました。
    もっと成田で足止めされるのかと思ってました。良かったですね。
    この四ヶ月の経験は、一生忘れることはできませんね。
    また、落ち着かれたら、是非、なずなでお話しを聞きたいです。
    今はとにかくゆっくり身体を労わって、無理されませんように。

    • ありがとうございます。
      友人には成田迎えをお願いしていたわけではないのですが、
      来てもらって本当に助かりました。
      広島なずなの会にも参加させていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です