人類とウイルスは共存関係

世界中が新型コロナウイルスで混乱をみせる中、日本ではコロナによる重症者、死者数が少ないにも関わらず、他国同様過剰なほどの自粛を要請し、社会、経済に甚大な被害を与えていることに大きな違和感を感じています。

このたびの新型コロナが強力な感染力を持っていることは、過剰とも思える自粛をもってしても防ぐことができないことで明らかです。
そしてウイルスに対抗する手段は、外部からワクチン等薬物を接種する以外は自らの免疫力を高めることであり、現在日本で広まっている新型コロナが強毒性ではない以上、ウイルスから隔離する方策ではなく、その逆により免疫を高める方法を取らない限り、このウイルスとの闘いは永遠に終わらないのではないかと考えていました。

そんな素人の懐疑的思いに根拠を与えてくれるような説があることを最近知りました。
それは京都大学医学研究科の上久保靖彦特任教授による『日本人はすでに新型コロナウイルスの集団免疫が達成されている』という学説です。

その学説とそれを解説するものを簡単にまとめてみました。

まず初めに、昨年の冬に日本をはじめ世界中に新型コロナウイルスの最初期型であるS型が知らない間に蔓延していました。
それは新型コロナとインフルエンザが逆相関、つまりどちらかにかかったらそこで免疫ができ、他方にかかりにくいという性質(ウイルス干渉)があり、昨年冬はインフルエンザの流行曲線が途中で急激に下がったことで見て取れます。

そして日本は今年初め、武漢で新型コロナウイルス(K型)が大流行した際、中共に忖度する政府が中国人旅行社の渡航を制限する措置を躊躇し、その結果ウイルスを持った中国人旅行者が大量に押し寄せ、日本国内に新型コロナウイルス(K型)が入り込むこととなりました。
これは日本以外の周辺アジア諸国も同様です。

日本ではこのK型が広まり、多くの無症状の人を含めた集団免疫(50%)ができあがり、その後強毒性に変異したG型が入ってきても、すでにG型の集団免疫(85%)を獲得しT細胞免疫を持っていたため、重症化する人が少なくてすむこととなりました。

他方アメリカやヨーロッパは早期にシャットダウンをし、K型の集団免疫を獲得できず、強毒性のG型がADE(抗体依存性感染増強)によって劇症化され、世界的パニックとなりました。

日本も現在持っている免疫を維持するためにはウイルスに曝露される(さらされる)必要があり、今のようなソーシャルディスタンス、3密、マスクといった方策は、不要であるばかりか逆効果を生む可能性があります。

日本では新型コロナでの重症者、死者は極めて少なく、ほとんど通常の風邪やインフルエンザと同じく、特に恐れたり警戒する必要のないものです。

また重症者、死者のほとんどは高齢者であり、何らかの基礎疾患を抱えておられ、それらの方が亡くなられた場合も死因はすべて新型コロナウイルスであるとカウントされます。

厚生労働省は6月18日、新型コロナウイルス感染症患者の死亡に関し、「厳密な死因は問わず、新型コロナ陽性で、入院中や療養中に亡くなった患者」については同省へ報告し、死者として公表するよう自治体に周知しました。

マスコミは日々の感染者数の発表に躍起になっていますが、PCR検査で陽性が出ても、それは感染ではありません。

  1. 陽性反応者(曝露者)
    単にウイルスが「曝露」(ばくろ・体の中に入る)しただけで、「感染」(細胞の中に入って増殖する)には至っていない人。
    免疫にやっつけられて破壊されたウイルスの残骸が出てきただけの人。
  2. 感染者
    ウイルスが細胞内に侵入した人。
  3. 患者
    発症している人。 

曝露者と感染者の98%は無症状または風邪程度
そして死者数は全く増えていません。
  
新型コロナウイルスは感染力が極めて強く、感染を完全に食い止めることは不可能です。
ウイルスが自然に変異するに従って人間も自然とウイルスに晒され、免疫を獲得していくのが本来のあり方であり、今はそれが強く求められています。

この上久保靖彦教授の『日本人集団免疫獲得説』は、遺伝子解析を行った結果導かれたものであり、各国への伝搬も詳細なデータ分析に基づいて行われており、もしこれに異論があるならば、科学的根拠をもって反論すべきです。

その要旨をA4一枚にまとめました。
下の画像をクリックしてください。
PDFファィルが開きます。

正しい知識でコロナウイルスと付き合おう

ここでご紹介した上久保靖彦教授の学説や参考としたサイトをいかにご紹介いたします。
是非お時間を取ってご覧いただければと思います。

人類とウイルスは共存関係です。

戸田拓夫氏 facebook

野村慶太郎氏 facebook

PCR拡大は意味がない!検査・感染者増の呪縛から脱せよ zakzak:夕刊フジ公式サイト