ブライダルシーズン

多宗教国家のインドは宗教によって結婚式が集中する時期が異なり、この四月、五月は本来ならクリスチャンの結婚式が多い時期ですが、今年を武漢肺炎の影響ですべて延期になっています。

インドの結婚式は日本とは異なり、誰でも参列自由といった雰囲気です。
ですから自分もこれまで十回ぐらいは結婚式に参列しました。
主にはプロテスタント、カトリックといったキリスト教のもので、ヒンズー教の式にも参列したことはありますが、イスラム教はありません。

インドの結婚式は限られた時間にみんなが集まるのではなく、長く開催されている時間の間、自分の好きな時に参列し、順番に壇上にいる新郎新婦のところに行って挨拶し、お祝いを渡し、舞台手前にずらりと並んだカメラマンたちに写真やビデオを撮ってもらうという形です。

これは七年前に参列した結婚式の写真です。

インドの結婚式

新郎新婦がどういう方なのか分からずに参列しています。(^-^;

インドの結婚式

写真撮影が終わったら食堂に移動してご飯をいただきます。
なにせ参列する人が多いので食事も入れ換え制で、席を確保するため食事中の人の後ろで待ったりなんかするのです。

インドの結婚式

今日は5月5日、スギルタンの息子スジーブの結婚記念日です。
今からちょうど十年前、今いるインド最南端のこの家で盛大な結婚式が行われました。

インドの結婚式

家の周りは前の晩から電飾で飾られ、当日は楽団までやって来ました。

インドの結婚式

インドの結婚式

この日主役だった二人は現在オマーンの首都マスカットで暮らしています。
インドのエリートは海外の企業で働く人が多いようです。

インドの結婚式

インド人は誕生日や記念日をとても大切にします。

今日はスギルタン夫妻に頼まれてメッセージを入れたお祝い動画を作りました。
プライベートなものなのでここに上げることはしませんが、慣れないiPadでの動画編集作業は大変でくたびれました。

動画用に花の写真を再び撮ったので、それを上げておきます。
熱帯の南インドは年中花がキレイです。

インドの花

インドの花

インドの花

インドの花

インドの花

インドの花

インドの花

インドのマンゴー